敏感肌の原因

敏感肌の原因は、多々ありますが一番は乾燥肌による肌のターンオーバーの乱れともいわれています。少々の刺激でも敏感になってしまいます。

敏感肌にオススメの化粧水の特徴TOP5

no.1

高保湿タイプの化粧水

肌がしっとりしやすく、皮脂の過剰分泌も抑えてくれる働きがあります。エイジングケアと勘違いされがちですが若年層からおすすめです。

no.2

低分子タイプの化粧水

ナノ(低分子)処方と銘打たれた化粧水なら、肌の奥深くへ浸透しやすいメリットがあります。

no.3

無添加タイプの化粧水

防腐剤や石油系界面活性剤、鉱物油などが使われていないタイプの化粧水は、敏感肌への刺激が少ないのでおすすめです。

no.4

アルコールフリーの化粧水

エタノールなどアルコール分は、敏感肌には避けるべき成分です。アルコールが使われていないものを選びましょう。

no.5

敏感肌専用のメディカル化粧水

敏感肌用に処方された医薬部外品のメディカル化粧水なら、刺激も少なく肌の調子を整えてくれます。

鏡を見る女性

刺激が少なく肌に優しいから

敏感肌などデリケートな肌質の人向けの化粧品が人気の理由として挙げられているのは、刺激が少ないことです。肌への負担が少なければ少ないほど、ダイレクトに肌へしみこんでいくため、肌に負担をかけずにきれいになるチャンスが高いといえます。使えば使うほど肌に刺激を与えずにきれいになれるチャンスが高いといわれていることや、長時間使っていてトラブルにならないのはいいことです。毎日のスキンケアで負担のかかりにくい化粧品を選ぶことで、自然な形で肌を保護できる可能性は高いといわれています。しっかりと肌に優しいスキンケアを行いたい人向けには、敏感肌の人向けの化粧品のほうが良い結果が出る可能性は高いため、大変便利です。とはいえ、すべての人に刺激を与えないわけではないため、あらかじめ試供品を使って肌の負担を確認してから使うことをお勧めします。

平均的な化粧水の相場とは

敏感肌の人向けに人気の高い化粧品の中でも、化粧水に関しては敏感ではない人も使用することが多いといいます。手軽に手に入れられるだけではなく、しっかりと肌に優しくケアできるからだといわれており、利用する人が少なくありません。化粧水の金額の相場としては、2千円から5千円程度と設定しているところが多いですが、まれにこれ以下で買えるところや、これ以上費用がかかるところもあります。肌との相性については必ず調べてから利用することで、肌に負担のかからない良い化粧品を手に入れられる可能性は高いです。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中